スマイル矯正ブログ
Smil's Blog

インビザラインで失敗しない歯科医院の選び方


歯並びの乱れは自分で治すことはできないので、長年のコンプレックスになっている方もたくさんいらっしゃいます。歯列矯正を検討してみたけれど、治療中の不自由や不快感を考えるとなかなか一歩踏み出せない。そんな方はインビザラインとの出会いで考えが変わることが多いようです。

マウスピース矯正の「インビザライン」なら、矯正中も快適に過ごせる場面が多いからでしょう。今回はそんなインビザラインで失敗しない歯科医院の選び方について詳しく解説します。

インビザラインとは

インビザラインとは、透明なポリウレタン製のマウスピースを使った矯正法です。世界100ヵ国以上、累計で1,000万人以上が治療を受けてきたマウスピース矯正です。装置が目立つことなく歯並びを改善できる、装置による痛み・違和感・異物感が少ない、取り外し可能なので衛生的といったメリットがたくさんある矯正治療です。

高度にシステム化されたマウスピース矯正

マウスピース矯正にもいろいろな種類がありますが、現状、インビザラインの人気が突出して高くなっています。それはインビザラインが高度にシステム化されたマウスピース矯正だからです。

当院のように「iTero(アイテロ)」と呼ばれる口腔内3Dスキャナーを導入していれば、歯型取りからデジタルで処理することが可能となります。その後の診断や歯の移動のシミュレーション、治療計画の立案、アライナー(=マウスピース)の製作まで、コンピューター上で進めることができます。

その結果、質の高い矯正治療を安定的に提供できるのですが、「それならどの歯科医院で受けても同じなのでは?」と感じますよね。

インビザラインはどの歯科医院で受けても同じ?

結論からいうと、インビザラインでも歯科医院によって治療の精度が大きく変わります。なぜなら、高度にシステム化された矯正システムの中でも、歯科医師の知識や技術、経験に委ねられる部分がいくつもあるからです。

歯科医師の能力に左右される部分とは?

正確な診断

インビザラインはとても優れた矯正法ですが、決して万能ではありません。ケースによってはインビザラインではなく、ワイヤー矯正の方が向いていることもあります。そうした見極めは、経験豊富な矯正のプロフェッショナルでなければなかなか難しいです。インビザラインありきで診療を進めてしまうと、意図した結果が得られず、治療が失敗することもあります。

治療計画の修正

インビザラインの治療計画の立案は、ある程度までシステムに委ねることができますが、細かい修正や確認は、正しい知識や豊富な経験を持った歯科医師でなければ難しいです。治療が進行していく中で起きるトラブルにも能力の高い歯科医師なら適切に対応、軌道修正できます。

歯科医師なら誰でもインビザライン矯正できる?

昨今、インビザラインに対応した歯科医院が増加しており、選択肢の多さに困っている方も多いことでしょう。そこでひとつ知っておいていただきたいのがインビザラインを行うための資格の有無です。インビザラインは、歯科医師であれば誰でも行うことができるので、認定医などの特別な資格は必要ありません。

また、高度にシステム化されたマウスピース矯正であるがゆえに、これまで矯正治療に携わっていなかった歯科医院でも導入しやすいという背景があるのです。インビザライン矯正を受ける歯科クリニックを探す際には、その点にも注意しましょう。

かしこい歯科医院の選び方

インビザライン矯正で失敗や後悔をしたくないという方は、次に挙げるポイントに着目して、歯科クリニックを選んでみてください。

矯正専門医院がおすすめ

矯正治療は、歯科の中でも極めて専門性の高い分野です。歯科医師の免許を取得していれば誰でも行えるものの、治療によって得られる結果には大きな差が生じます。当然ですが、矯正治療の知識・経験が豊富な歯科医師ほど、精度の高い矯正を提供することができます。それはマウスピース矯正のインビザラインも例外ではありません。

ですから、インビザラインの歯科クリニックを選ぶ際には、「矯正の専門医院」である点にまず着目してください。矯正の専門医院には、矯正治療のプロフェッショナルが在籍しているのでおすすめです。

インビザラインの診療実績が豊富

ひと言で矯正治療といっても、その種類はさまざまです。小児矯正を得意としている先生もいれば、ワイヤー矯正ひとすじという先生もいます。その中でも皆さんが検討されているのはインビザラインなので、当然ではありますがインビザラインの診療実績豊富な歯科医院が望ましいです。ワイヤー矯正が得意な矯正専門医院でも、インビザラインはあまり行っていないところも珍しくないからです。

先進の機器を導入している

インビザラインは、現在進行形で進歩している矯正法です。常に新しい知識と医療機器を採り入れている歯科医院の方が、より精度の高い治療を提供です。

例えば、「iTero」を導入していない歯科医院だと、シリコンを用いた不快な歯型取りを受けなければならないだけでなく、検査の精度も低下する恐れがあります。また、マウスピースが出来上がるまでに要する期間も長くなります。

カウンセリングがていねい

インビザライン矯正は、歯の移動に1~2年の期間を要するのが一般的です。歯の後戻りを防止する保定処置も合わせると、さらに長い期間通院することになるため、ご自身が信頼できる歯医者にお願いするのが一番です。

そうした歯科医師との相性は、カウンセリングの段階である程度、見極めることができます。カウンセリングがていねいな歯科医院は、その後の治療もていねいに進めてくれることかと思います。

まとめ

このように、インビザラインは誰が行っても同じ結果が得られる矯正法ではありません。診療実績の少ない歯科クリニックに任せると、失敗や後悔するリスクが高まります。

ですから、今回ご紹介した「かしこい歯科医院の選び方」を参考にしていただいた上で、歯科選びは慎重に行うようにしてください。繰り返しにはなりますが、最も重要なポイントは「矯正専門医院」である点です。

(Visited 110 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

院長 椎名 康雅

東京歯科大学で矯正治療認定医資格を取得し。同大学病院に勤務 平成15年にスマイルデンタルクリニックを開業 平成24年、スマイルデンタルクリニック矯正歯科/スマイルデンタルクリニック小児歯科を開業。 歯科医師のための勉強会「椎名塾」主宰。

最新記事 by 院長 椎名 康雅 (全て見る)