スマイル矯正ブログ
Smil's Blog

マウスピース矯正で前歯だけ部分矯正したい!値段や治療期間はどうなる?

歯並びで最も目立つ部位は「前歯」ですよね。前歯が前方に傾いて出っ歯になっていたり、真ん中に不自然なすき間があってすきっ歯の症状が現れていたりすると、それだけで口元の印象が大きく変わります。


逆にいうと、前歯部の歯並びを整えるだけでも口元の審美性は大きく向上するため、「前歯だけ矯正したい」と希望される患者さまは意外に多いです。今回はそんな前歯の部分矯正をマウスピース型矯正装置で行う方法についてわかりやすく解説します。

マウスピース矯正とは?

透明なマウスピースで歯並びを整える治療法


マウスピース矯正とは、透明な樹脂製のマウスピースを装着して、出っ歯や乱ぐい歯などの歯並びの乱れを治す方法です。従来のワイヤー矯正とは、次の点で異なるため、近年、人気が上昇している矯正法の一種です。

・装置が透明で目立ちにくい
・虫歯、歯周病のリスクが低い(=歯磨きの際に装置を取り外せる)
・食事がしやすい(=食事の際に装置を取り外せる)
・装置で粘膜が傷つけられることが少ない
・装着時の違和感、異物感がほとんどない
・金属アレルギーのリスクがゼロ
・歯の移動に伴う痛みが少ない

マウスピース矯正には、こうしたメリットがあると同時に、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くないというデメリットがあります。

そのため、マウスピース矯正では前歯だけの部分矯正は行えないのでは?と誤解されている方もいらっしゃいますが、実際は異なります。医療技術の進歩もあり、現在はマウスピース矯正でも前歯だけの治療が行えるようになっているのです。

前歯だけの部分矯正にもオススメです

マウスピースによる部分矯正が向いている人

次に挙げるような人は、マウスピースによる部分矯正がおすすめです。

  • 周囲に気付かれずに前歯の歯並びを治したい
  • 矯正中も食事や歯磨きを普段通り行いたい
  • 矯正装置による違和感、異物感に悩まされたくない
  • 金属アレルギーがある

スマイルデンタルクリニックでは、このような方に「インビザライン」というマウスピース矯正をご紹介しております。

インビザラインとは?

インビザラインはマウスピース型矯正装置の代名詞ともいえるシステムで、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供しています。少し前までは全体矯正のみに対応していたのですが、「インビザライン・ライト」や「インビザラインGo」といった部分矯正も行えるシステムも提供されるようになりました。

標準のインビザラインとの違いは?

「インビザライン・ライト」や「インビザラインGo」は、従来の「インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ(=インビザラインフル)」と比較すると、使用できるマウスピースの数に違いが見られます。

全体矯正は使用できるマウスピースの数に制限がないのですが、部分矯正では制限が設けられています。具体的には、インビザライン・ライトで使用できるマウスピースの数は14枚、インビザラインGoは20枚となっています。

前歯だけだと値段は安くなる?

マルチブラケット装置による部分矯正と同様、マウスピース矯正も前歯だけの治療の場合は値段が安くなります。

歯列矯正は基本的に自由診療となるため、具体的な値段は歯科医院によって大きく異なりますが、全体矯正の半額程度に値段が下がることが多いです。例えば、上下の歯列全体をマウスピース型矯正装置(インビザライン)で治す場合の治療費が100万円程度であれば、前歯だけの部分矯正だと50万円程度で受けられます。

どうして安くなるの?

前歯だけの部分矯正では、当然ですが動かす歯の本数が少なくなりますよね。全体矯正では約28本の歯を動かさなければならないのに対し、前歯だけの部分矯正は上下で最大12本の歯が治療対象となるため、患者さまはもちろんのこと、歯科医院側の負担も少なくなります。

もちろん、上述したように、使用するマウスピースの枚数も少なく済みます。標準的な全体矯正をインビザラインで行った場合、マウスピースは50枚程度必要となりますが、前歯部だけの部分矯正では、20枚以下に抑えることができるのです。

前歯だけだと治療期間は短くなる?

インビザラインで前歯だけを部分矯正した場合は、治療期間も短縮することができます。皆さまもご存知のように、インビザラインのマウスピースは着脱式の装置です。毎日20~22時間以上装着して、約2週間ごとに新しい物へと交換していただきます。

そこで前歯だけの治療の使われるインビザラインGoのマウスピースの使用枚数に注目してみましょう。

長くても10ヶ月?

インビザラインGoでは、最大20枚のマウスピースを使って部分矯正を行います。標準的な治療のように2週間に1回のペースで次のステージへと移行した場合、マウスピースは約280日ですべて使い終わる計算となります。

つまり、前歯だけの部分矯正では、最大でも10ヶ月程度の治療期間となるのです。実際は6ヶ月程度で終わることも多いです。

部分矯正が終わらない・失敗するリスクは?

標準的な歯列矯正と比較すると、前歯だけの部分矯正は治療期間が極端に短いので、歯並びがきれいになるのか心配、矯正が終わらずに追加の処置・費用を求められそう、といった不安を抱えている方もいらっしゃるかと思いますが、その点はご安心ください。

インビザラインによる矯正治療は、歯型取りから治療計画の立案に至るまで、デジタルシステムをフルに活用した方法となっています。プラン通りに矯正が進めば、当初予定していた治療期間で、想定内の治療結果を得ることができます。

ただし、以下に挙げるようなトラブルが生じると、矯正が失敗することもありますのでご注意ください。

  • マウスピースの装着時間を守れない
  • ウスピースの取り扱い方法の誤り
  • 矯正中に虫歯、歯周病を発症する

こうした問題があると、前歯だけの部分矯正であっても治療期間が延びてしまうことがあります。場合によっては治療そのものが失敗に終わります。

まとめ

マウスピース矯正のインビザラインでも前歯だけの部分矯正を行えます。最近ではそうしたケースに特化したシステムが開発されていますので、関心のある方はお気軽にスマイルデンタルクリニックまでご相談ください。矯正治療ひとすじの院長がやさしく、わかりやすくカウンセリングいたします。

(Visited 288 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

院長 椎名 康雅

東京歯科大学で矯正治療認定医資格を取得し。同大学病院に勤務 平成15年にスマイルデンタルクリニックを開業 平成24年、スマイルデンタルクリニック矯正歯科/スマイルデンタルクリニック小児歯科を開業。 歯科医師のための勉強会「椎名塾」主宰。

最新記事 by 院長 椎名 康雅 (全て見る)