こんにちは!千葉県船橋市東船橋スマイルデンタルクリニック矯正・小児歯科、歯科衛生士の横山です。春らしい陽気が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は勉強のため、スタッフと共に口腔機能支援士セミナーへ参加してきました♪

日本小児口腔発達学会は2022年に発足され、「真の健康」をテーマに小児口腔発達学を学問として学んでいます。
日頃より、多くの患者様に、子どもたちの発達について質問をいただきます。その中で、近年増加しているのは、歯並び以外に「睡眠」「呼吸」「食事」についてです。むし歯、歯周病が予防できる現代、見た目だけではない「機能異常」の相談が増えているのです。

いびき、無呼吸、落ち着きがない、集中力がない、口が開いている、指しゃぶり、おねしょなど、少しでも気になった時点でご相談いただきたいです。

より多くの子どもたちに、真の健康であってほしいと願う医療従事者は全国に沢山います。
しかし、そんな医療従事者に出会える患者様は、まだまだほんの一握りかもしれません。
人生100年時代、多くの人々が健康で笑顔で暮らせるよう、スマイルデンタルクリニックでは1人でも多くの患者様の健康を支えていきたいと思います。

本日、「口腔機能支援士セミナー」を受講したため、資格取得後より「オーラルライフセーバー」として地域の予防を見守ってまいります♪お気軽にご相談ください。

https://kids.smile-dental-clinic.com/

こんにちは!千葉県船橋市東船橋スマイルデンタルクリニック矯正・小児歯科、歯科衛生士の横山です。

近年、マスク生活でポカン口が及ぼす健康への影響が注目されています。

ポカン口を始めとした習癖が引き起こす、顔周りの筋力の低下により、歯並びを悪くする原因になることも。

お口の健康は、生活習慣が大きく関わっているのですが、何歳から予防を始められるのでしょうか?

今回は、赤ちゃんから健康の土台を作ることができる「口育」についてお話します。

 

【口育とは】

口育とは、0歳の頃から身体機能を正常な発達に促すためのサポートをすることをいいます。

 

上記のような生活習慣を、赤ちゃんの頃から気をつけて取り組むことで、健康の土台を作ることができるのです。

スマイルデンタルクリニック矯正・小児歯科には、保育士・管理栄養士・歯科衛生士・口育士が在中しており、親子教室、お口育て教室を開催しています。

赤ちゃんの成長にお悩みがあれば、お気軽にご相談ください♪

 

スマイルデンタルクリニックHP↓

http://www.smile-dental-clinic.com/