カテゴリ:マウスピース矯正

マウスピース矯正の向き・不向きを東船橋の歯科医が解説


一昔前までは、歯並びの治療は「ワイヤー矯正」で行うのが当然だったのですが、昨今はインビザラインの普及によって「マウスピース矯正」という選択肢も加わりました。これから歯列矯正を始める予定の方は、この2つの矯正法で迷っていることかと思います。とりわけ歯並びを快適に治せるマウスピース矯正に惹かれていることでしょう。

今回はそんなマウスピース矯正の向き・不向きについて、東船橋の歯科医がわかりやすく解説します。

矯正器具の上からマウスガードできる?スポーツとマウスピースに関する疑問に答えます

趣味や仕事でスポーツをされている方は、矯正器具が邪魔になってスポーツができなくなることに不安を感じているかもしれませんね。とくにマウスガードを必要とするスポーツをしている場合、そもそも矯正器具の設置が困難となりそうなものです。今回はそんな歯列矯正とスポーツに関する疑問にお答えします。

マウスピース矯正8つのメリット・5つのデメリット

最近は、「歯並びの治療をするならマウスピース矯正がいい!」という患者様がとても多くなっています。確かに、マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正に伴うデメリットのほとんどを解消することができるため、人気が高まるのも頷けます。

スマイルデンタルクリニックでもマウスピース矯正の代名詞ともいえるインビザラインをご案内させていただく機会が多くなっていますが、その際、必ずメリットだけでなく、デメリットまでバランス良くお伝えするようにしております。そこで今回はマウスピース矯正のメリット・デメリットについて解説します。

マウスピース矯正の平均期間。前歯だけや抜歯ありのケースは長くなる?短くなる?

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正にはないメリットが多々あるため、スマイルデンタルクリニック矯正歯科でも人気の治療法となっています。おそらく、皆さんも身の回りでもインビザラインに代表されるマウスピース矯正で歯並びをきれいにされた方がいらっしゃることでしょう。



そこで気になるのがマウスピース矯正の平均期間ですよね。マウスピース矯正はシステム化された治療法ですが、ケースによっても期間が大きく変わります。今回はそんなマウスピース矯正の平均期間や前歯だけ矯正する場合、抜歯が必要など、ケース別の治療期間についてわかりやすく解説します。